au WALLET MasterCardを専門に解説しています

Google or AdMax Promotion (au)

他の端末(既にない端末)のカードケースを初期化

WebMoneyカード(au WALLETカード)をカードケースアプリに登録して利用している場合で、
Andoridの初期化やカードケースアプリのアンインストールを行う場合には、
まず、カードケースアプリからWebMoneyカード(au WALLETカード)を登録解除します。

登録の解除をせずにAndoridの初期化などをしてしまった場合は、
カードの登録が有効な状態でアプリからのアクセスができなくなります。
そうした場合は他の端末(旧端末)で登録していたカードを復元して一旦登録し、
登録後にカードケースアプリから他の端末のデータを削除することができます。

他の端末のデータ削除

現在手元にない端末や、既に存在しない端末に登録されている、
プリペイドカードの登録情報を利用して新しいアプリに対してカードを登録しようとした場合には、
エラーとなって登録が行えない状態になります。

例えば、アプリを既に削除してしまった状態で、
新しいアプリに対してカードを登録しようとして以下のようなメッセージが表示されるような場合です。

05_登録済みカードの再登録(重複)エラー

登録済みカードの再登録(重複)エラー

 

この場合、WebMoneyカード(au WALLETカード)をカードケースアプリに登録するには、
「データの復元」を利用して、既に登録されているカードを登録する必要があります。

 

01_カードケースアプリ初期設定メニュー

カードケースアプリ初期設定メニュー 

その「データの復元」では以前の端末のデータを削除するかを問われます。

02_以前の端末データ削除確認

以前の端末データ削除確認

この画面にて[データを残す]を選択した場合には、
以前の端末にインストールされているカードケースアプリに
登録されているWebMoneyカード(au WALLETカード)も、

今回設定を行った端末にインストールしたカードケースアプリに
登録したWebMoneyカード(au WALLETカード)も両方が有効な同期状態になります。

1枚のカードを複数のカードケースアプリに登録する手順は以下でご紹介しています。

 

こうして複数のカードケースアプリで併用している場合はいいのですが、
こうした復元手順を取った際に、既に以前の端末からアプリケーションをアンインストールしていたり、
Android端末を初期化してしまい、端末にカードケースアプリが存在しないような場合には、

今回設定を行った移行先の端末から、
以前の端末に対して登録されているカード情報を削除して無効化することができます。

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (aupos)

他の端末のデータを削除

他の端末のデータを削除するには、まず現在利用しているカードケースアプリに対して、
以前の端末に登録されているカードが登録済みである必要があります。

両方の端末にカードが登録されている状況は以下のような例です。
※右上にはそれぞれ「!その他1台と同期中」と表示されます。

04_相当の同期登録状況

相当の同期登録状況

他の端末に登録されているカード情報がない場合には、
以下のような、他の登録情報がない旨のメッセージが表示されます。

この場合には他の端末のデータ削除をする必要はありません。

03_同期端末なしメッセージ

同期端末なしメッセージ 

他の端末(旧端末)のカードケースアプリの登録情報を削除するには、
カードケースアプリを起動し、右上の[歯車]アイコンをタップして設定メニューを表示します。

表示された設定メニューから[データリセット]をタップします。

05_設定メニューのデータリセット選択

設定メニューのデータリセット選択

 

データリセットを選択すると端末リセットのメニューが表示されます。
[他の端末のデータ削除]をタップして選択します。

他の端末で設定していたパスコードを入力します。

06_アプリ初期状態表示

アプリ初期状態表示

 

データリセットの確認メッセージが表示されます。

データリセット

データ同期を行っている他の端末のデータを削除します。

データ同期機能を利用している端末を紛失した場合や、利用しなくなった場合にご利用ください。

[データを削除する]をタップするとデータの削除が行われます。
リセット完了と表示されれば他端末のデータ削除が完了しています。

07_データリセットの確認とリセット完了

データリセットの確認とリセット完了

 

他端末からデータ削除の確認

他端末(存在する場合)からカードケースアプリを起動して、
起動時のパスコードロックを解除すると以下のように表示されます。

08_以前の端末の初期化メッセージと初期ページ

以前の端末の初期化メッセージと初期ページ

 

このようにして、過去に登録をしていた端末を操作することなく(操作できなくとも)
新しくインストールした端末へWebMoneyカード(au WALLETカード)を登録し、
一旦同期状態にすることで、後に以前の端末データの削除が行えるようになります。

さいごに

WebMoneyカードに限らず、スマートフォンなどで利用するこうしたアプリでは、
機種変更や機種の破損などで予期せずデータを損失してしまう場合もあります。

そんな時にも新しく入手した端末だけで、以前の端末に登録されている、
WebMoneyカード(au WALLETカード)の情報を
同期と言う形で復旧し、後から削除できる点は非常に便利なのではないでしょうか。

 


AdMax Promotion

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Pitta Promotion

QRコードからもこのURLを開けます。