au WALLET MasterCardを専門に解説しています

Google or AdMax Promotion (au)

(復元)FriendsNoteでサーバからアドレス帳をインポート(取込)する

FriendsNoteアプリでは端末内のアドレス帳データを、
サーバー上にバックアップすることができます。
サーバー上に保存されたデータは同期設定によって定期的に最新データに更新されます。
FriendsNoteではサーバー上のデータが過去10回分履歴で保存されています。
このサーバー上の履歴データを元にして端末内のアドレス帳を更新する方法をご紹介します。

復旧を行う時点の状態の説明(前提条件)

今回は以下のケースで復旧するパターンを想定しています。

  1. これまで端末内でFriendsNoteアプリでサーバー上に同期するように設定をしていた。
  2. 端末内のアドレス帳から誤ってアドレスデータを削除。
  3. 自動同期設定にてサーバー上のデータにもアドレスデータ削除が反映されてしまった。

この場合、通常は削除したアドレスデータの同期が完了している為、
誤って削除したアドレスデータは、端末からもサーバーからも消失してしまっています。

サーバー上からも削除されてしまったデータが直近10回の同期履歴内に
残っている場合には、履歴データからアドレス帳データを復旧することができます。

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (aupos)

 一連の復元操作

サーバー上のデータを過去データ履歴から復旧し、
端末上にインポートして反映する一連の作業は以下のようになります。

サーバー上のアドレス帳データを履歴から復旧と確認

サーバー上のアドレス帳データを履歴から復元する手順は以下でご紹介しています。

 

 

05_復元の開始とサーバーデータ確認

復元の開始とサーバーデータ確認

 

サーバー上に復元したデータの確認

サーバー上に過去データから復元をおこなったら、
正しく復元されているかを確認します。

サーバー上のデータを確認する方法については以下でご紹介しています。

 

 

05_サーバーデータの表示

サーバーデータの表示

 

端末内のFriendsNoteアプリの初期化

サーバー上のFriendsNoteデータを過去データから復元したら、
端末内にインポートを行うのですが、
既にインストールされ設定されているFriendsNoteアプリでは手動でインポートが表示されません。

直接、手動同期を実行すれば自動的に更新されるはずですが、
逆に端末内のデータ(0件)にてサーバー上の復旧データ(1件)を上書きされないとも限りません。

その為、私はこの時点で端末内のFriendsNoteアプリを初期化することをお勧めします。

FriendsNoteアプリの初期化方法は以下でご紹介しています。

 

06_FriendsNote初回起動とインポートメニュー

FriendsNote初回起動とインポートメニュー

 

サーバー上のアドレス帳データをFriendsNoteに取り込む

アプリの初期化ができたら、初回起動時のインポート画面が表示されるようになります。
端末を新たにセットアップする際と同様に、サーバー上のデータから、
端末内のアドレス帳をインポートして更新することができるようになります。

 

03_アドレス帳がサーバーデータで自動更新

アドレス帳がサーバーデータで自動更新

 

このようにして、うっかり削除してしまったデータなどの復旧が、
サーバー上のデータから復元して、端末内に反映することができます。

 


AdMax Promotion

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Pitta Promotion

QRコードからもこのURLを開けます。